<

2010年12月10日

12/9(木) 日本のロック・・・マキOZ

OZ1.jpgOZ2.jpgOZ3.jpg

賛同者が少ないので普段はほとんどかけないが、
現役の日本のバンドでは陰陽座が結構好きで、困る。
開店準備中〜序盤、久しぶりに大きな音でしばらく聴く。ハァハァ。

あと、遅い時間にお客様が途切れ、もう終わりかなと思い、
竹内まりやをかけて和んでいたらお客様が来て、
「スミマセン今ちょっと和んでて・・・」とごにょごにょ。

今日は子供ばんどのことを書こうと思っていたが、気が変わり
カルメン・マキ & OZ!

いやあ、最初のアルバムが出たときは驚きました。
自分の頭に響く要素を全て備えていたんですね。
まずハードロックだったし、Vo.は別格だし、曲は緩急があるし、
メロディーが主張しているウタだったし、
曲数少ないし(これは当時のハードロックアルバムのひとつの指標だった)、
テクニカルではないけどギターのスタイルが好みだったし、ストラトだったし、
そしてそこには、日本語の「歌」があったのです。

2枚目が出る前か出た後か忘れたけど、大阪、中の島公会堂でLIVEを見た。

脇道にそれるが、前座は一度見たことがあったBLIND EXPRESSだった。
このバンド、けばいビジュアルのハードロックバンドで、SLADEの前座もやったことあるらしい。
音はQUEEN的なアプローチだった。実際「Stone Cold Crazy」をやってたし。
同姓ながらなかなかエロいバンドで好きでした。
中の島で見たときはベーシストが変わっていたが、その前の長髪の人が良かったな〜
で、このバンドがその後どうなったか全然知りませんが、この前久しぶりに名前を見た。
と言っても今の話ではなく、先日NHKで連続放映していた「ロック誕生」という日本の古いロックを特集した番組。
増淵が出てきて、「彼は当時から色んなLIVEを回っていた。その頃の記念物も保管している」とか何とかで、
古いチケットやチラシが写ったのだが、そのチラシのひとつにBLIND EXPRESSの名前があり、「おっ」と思ったのです。
彼らも8・8ロックデイ絡みの人たちだったというのは後から知りました。

で、マキOZの話に戻るが、カッコよかったなあ。
この時はもうシゲがBASSだったと思うんだが、LIVE中に1弦を切ったのよね。
ベースの弦が切れるのを見たことがなかったので、意味不明で「すげ〜」と思ったのです。

そして2nd。「崩壊の前日」だ。この曲はもう日本のロック全部の中でも名曲ですね!
アルバムとしては1枚目からは味わいが結構変わっていて、へヴィなトーン。
タイトル曲は重いね。

その後、「空へ」のシングルが出てウキウキと購入。これはこれで「節」でしたね。
その曲が入った3枚目が出て、スタジオLPとしては終了。

2枚組のLIVE盤はおおむね解散コンサート?なんだが、
テイクによっては(例えば「私は風」)以前のLIVEテイク。
ほんとの解散コンサートの時の「私は風」はCDで出たベスト盤に入っています。

中身の説明がほとんどできてないが、きりがないので一番好きな曲を。
1枚目の最初の曲「六月の詩」が最高だ。

前にも書いたが、昔々、OZのコピーバンドをやっていた時に俺たちの演奏を聴いた客の一人が、
その後すぐにレコード屋へ行き、まとめて3枚のLPを買ったという話が、自分のささやかな自慢(喜び?)です。

1stの歌詞カードの裏面のステージ写真がカッコ良く、お店にディスプレイしたいと思い、先日もう1枚LPを入手した。
飾りたいが、まだパネル加工ができていない。
posted by ロックキッチン1984 at 00:00 | Comment(0) | 木曜・・・日本のロック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<