<

2011年02月14日

2/12(土) SEVERIN BROWNEを聴きました。

昨日は今月1回だけのお休みの日。
久しぶりに家族で食事もできたし、
夜は、知り合いのお店に寄ったら、
たまたま行こうということになり、
久々にダーツを投げました。
すごく面白かったけど、かなりリハビリが必要と思われる内容。
近々また行こうと思います。

あ、それとmixiのコミュニティのメンバーさんが100人に達しました。
嬉しいですねえ!
まだお会いしたことがない方も、もちろんおられるのですが、
いつかお目にかかる機会が来ることを願っています。

昨日はブログを触れなかったので、土曜日のことを書きますね。

【SEVERIN BROWNE】を聴きました。

SEVERIN BROWNE.jpg

その時のお客様はJACKSON BROWNEが大好きな人だったのですが、
弟がレコードを出していることをご存じなくて、
いたく喜んでいただけました。内容もいいしね。

これを聴きました。1973年のデビューLP。

【SEVERIN BROWNE / SEVERIN BROWNE】

SEVERIN BROWNE 1ST ALBUM.jpg

彼は最初歌手としてではなく、ソングライターとして
(なぜか)MOTOWNにアプローチしていたらしいですが、
結局プレイヤーとしてデビューしたようです。
一時期フリー・ソウルの楽曲として再評価もあったようですが、
MOTOWNというイメージはあまり気にせず、
ソングライター系のロックとして楽しめる内容ですね。
やや都会的な洗練された雰囲気を感じる曲もありますが...
影響を受けた人々が、
Paul Simon
James Taylor
Antonio Carlos Jobim
兄のJackson Browneなんかだと言ってますし。

Jacksonとは同名異曲ですが、「Stay」です。



この曲なんか、かなりJames Taylorぽさがありますね。
「Snow Flakes」



翌年の1974年に2枚目の

【SEVERIN BROWNE / NEW IMPROVED】が出ました。

SEVERIN BROWNE NEW IMPROVED.jpg

このアルバムはたまたま現在壁のディスプレイに含まれています。
このアルバムの曲の動画は少ないですね。

晩年のライヴで、「Love Song」がありました。



オレも知らなかったのですが、
20年少しぶりの1997年に
FROM THE EDGE OF THE WORLD
というアルバムが、

SEVERIN BROWNE FROM THE EDGE OF THE WORLD.jpg

また、2001年に
THIS TWISTED ROADというアルバムが出ていました。

SEVERIN BROWNE THIS TWISTED ROAD.jpg

この2枚は持っていないけど、音を聴いてみて欲しくなりましたね。

【FROM THE EDGE OF THE WORLD】から、
「My Love Mo Betta」
横にいるのはJAMES LEE STANLEY?



【THIS TWISTED ROAD】から
タイトル曲の「This Twisted Road」
この曲、いい曲だな〜



この2枚、欲しいけど...
AmazonやHMVオンラインで見ると、すでに廃盤なのか??
CDにプレミア価格が付いている...トホホ。
この記事へのコメント
Severinの復活後の2作は、いずれも米AmazonのMarket Placeで中古が買えます。日本に送ってもらっても20ドルしないぐらい。This Twisted Roadは、SeverinのHPやCDBabyで新品も買えます。どちらも素晴らしい作品なので、ぜひお試しください。
 今年になって新作Lucky Man (A Songwriter's Notebook)も出ました。
Posted by J-BOY at 2012年03月20日 19:49
古い記事なのに、コメントありがとうございます!
新作も出てたのですね。
情報ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ちぬきち at 2012年03月28日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<