<

2010年11月18日

11/17(水) 産業ロック

journey3.jpgheart1.jpgkeane2.jpg

階段の安全手すり、無事取り付け終了。
これで少しは安心。

ボージョレが届きました。
24:00解禁、ということは本当は今日18日の0:00解禁。
昨夜は2本抜きました。まだ今日の分があります。
思っていたより渋みのあるしっかりした味。
期待以上でした。

昨日は、MIX NUTS HOUSEというJPバンドの方が来られました。
たまたま常連のお客様のお隣さんなんだとか。
新譜が出たばかりで、近々、新宿タワーレコードでイベントだそうです。
ありがとうございました。

さて、昨日の産業ロック。常連さんの渋いリクエストもありましたが、
印象に残った3枚をレポします。

JOURNEY/NEXT

STEVE PERRY参加前の最後のアルバム。
2枚目までのJAZZっぽい要素がなくなり、その後の展開を示唆するような
POP味のあるロックを聴かせます。
その後の一連の作品ももちろん素晴らしいですが、
このアルバム、憎めないんだよね。
1曲目の「Spaceman」がバラードスタイルなんだけど、いいな。

HEART/DREABOAT ANNIE

デビューアルバム。
「Magic Man」はよほど人気曲なんだろう、
インターネットラジオなんかでCLLASIC ROCKのチャンネルを聴いていると
やたらかかる。
ノリのいい初期の秀曲、「Crazy On You」、
静かないい曲のタイトル曲など内容は濃い。
ハードな面ではZEPPELINの影響が。
そして次作のLITTLE QUEENで大ブレイクとなるわけです。

KEANE/TODAY,TOMMOROW AND TONIGHT

TOTOのバックアップを受けて、産業ロック〜AOR時代に少し売れて少し話題になった若者兄弟バンド。
「Tryin' to Kill a Saturday Night」の入ったKEANE名義での1stが有名だが、
この2枚目もなかなかいい。
甘めの曲が多いけどそれなりのドライヴィングナンバーも入っている。
たしか、日本企画で国内盤発売だけだったような。
今はもういいオッサンになってるんだろね。

曜日板(ドアにぶら下げる、その日の音楽の案内)をジャケ写入りのものに変更中。
昨日の水曜日、それから今日の木曜日まで作りました。
あとはあす以降ですね。
posted by ロックキッチン1984 at 00:00 | Comment(0) | 水曜・・・産業ロック

2010年11月11日

11/10(水) 産業ロック・ほぼ脱線なし

itn.jpgiflooks.jpgpiecesof8.jpg

昨日もカウンターがけっこう埋まった。
初めて会った人とも仲良く話し、えらく盛り上がる、という知人が来ていて、
昨日も別々で来店の3組、4人がワイワイとやっていた。
バーはこうでないとね。

産業ロック?なんぞや、という話が昨日も出ていて、解説ファイルを取り出す。
以下、昨日の抜粋レポート。

i-TEN
書くのは初めてですよね。
FOOLS GOLDというウエストコースト・バンドにいたTOM KELLYが
当時の売れっ子プロデューサー、KEITH OLSENとのプロジェクトで
突如83年に現れたアルバム。国内発売は確かなかったので、なかなかレアだ。
次作はなかったが、TOM KELLYの同様アプローチはCELESTIUMへ続く。
FOOLS GOLDのカラッとしたウエストコースト・サウンドとは一変し、
時まさにAORブームの中、STEVE LUKATHERなども参加したモダンな音作り。
ハード・ポップな産業ロックテイスト曲も良いが、
ハイライトは「Alone」だ。
87年にHEARTで大ヒットした曲のオリジナルだということを知る人は少ない。
HEARTがこの曲をやった時、よく見つけたなと驚いたものです。

で、そのHEART
85年の好アルバム「HEART」を聴く。(けっこうヘビロ)
先日のBAD COMPANYの来日、急病とかでMICK RALPHSが来れなくなったが、
ギターを務めたのは、HEARTのHOWARD LEESEだったのだ。
テクニック派ではないが、切れの良いハード・ロックスタイルの音は悪くない。
NANCYもギターを弾くので、どこまでがHOWARDの音なのか研究したことはないが、
メインの部分は彼だろう。
有名曲「Barracuda」なんて、今でもカッコいい。
アルバム「HEART」の秀曲はやはり1曲目の「If Looks Could Kill」!

STYX
一番好きなアルバムは、
TOMMY SHAW在籍で最もハード・ロック色の強いPIECES OF EIGHTだ。
B面、STYXのベスト曲と思っている「Blue Collar Man」、
続く「Queen of Spades」のハードでストレートな味わいがいい。
楽曲もいいしね。
昔々、8・8 ROCK DAYの地区予選に
「Blue Collar Man」と、BOSTONの「Peace Of Mind」で出たのを思い出した。
1曲目の 「Blue Collar Man」、その曲だけキーボードをやってくれた先輩が
イントロをとちり、「ごめん、もう一回もう一回」とやり直し。笑った。
その時は優勝バンドになれたので、問題はなかったが。
その後、関西ブロック大会へ進み、「Don't Look Back」で惨敗した。確か。

11/17(水)ボージョレ・ヌーヴォー解禁、お待ちしております。
posted by ロックキッチン1984 at 00:00 | Comment(0) | 水曜・・・産業ロック

2010年10月28日

10/27(水) 産業ロック 寒い

starcastle4.jpgthirdstage.jpgreolive.jpg

引き続き寒い。
開店前、入り口ドアに隙間風を防ぐテープを貼っていたら、
もうお客様が入ってきた。

1984は食べ物もやっているロック屋なので、
寒くなるとやはり暖かい料理も喜ばれると思い、
新メニューを様子見で始めた。
少しブームは過ぎた感があるが、自分が好きなので「レタス鍋」。
一人用の土鍋(チキンラーメンの限定品)は店にたっぷりある。
昨日、お客様に食べていただいたが、まずまずの評価だったので安心。
レタス鍋を食べたことがなかったとのことで、
煮ていてもシャキシャキ感があるのに驚いておられた。
おつゆが余るので、オプションのうどんが欲しいという貴重な意見もあり、
そちらも対応することにしよう。

昨日の産業ロックは隙間盤を避けて、王道で固めた。
おかげでウケは良かったのでした。
JOURNEY BOSTON ASIA TOTO STYX HEART KANSAS REO etc.
他に、リクエストにより脱線しつつPURPLE、NAZARETH、PABLO CRUISE、色々。

STARCASTLEのREAL TO REEL、いつもはB面の頻度が高いがA面を。
YESの影響が強い3枚目までに比べ、この4枚目は独自の味が出ていて特に良い。

BOSTONは3枚目を。この手の音のアルバムにしては意外なんだが、
当時はシングルカット曲もたくさんあったのだ。
ちなみにギター型の宇宙船の「母船」が描かれているのはこのジャケットだけ。
「母船」も作りたかったが、
スケールからすると店が埋まってしまうのでやめた。

REO SPEEDWAGONは「産業ロック」寸前の音の頃だが「LIVE」を。
KEEP PUSHIN'はこちらのヴァージョンがノリ良い。
個人的には少しテンポ遅めのスタジオ版も好き。

雨が続くそうだ。
「歌謡曲ナイト」の日も雨。最悪の場合は台風通過。「嵐の中の歌謡曲」か。
ヒデキ「情熱の嵐」をかけるかな。

本日開店前に機材を入替えようと思っているんだが、
今、めちゃくちゃ眠い。ダメかも。
posted by ロックキッチン1984 at 00:00 | Comment(0) | 水曜・・・産業ロック

2010年10月21日

10/20(水) 産業ロック

serpent.jpgとと.jpgサバイバー.jpg

ほとんど毎日ジワジワとメンバーが増えてきている。
ありがとうございます。

芋焼酎「月のあかり」入荷。
メニューなどの更新に少々時間を使った。

HPの下準備に、煌々と照明をつけて写真を撮りだめていたら、
お客様来店。気まずく照明を落とす。

BAD COMPANYの来日。MICKが手術で来れなくなったそうで、
替りがHOWARD LEESE(ex.HEART)ということなので、
彼のソロアルバムCDを聞きながら開店。

RTZ
BALANCE
DREGS
BLACK SHEEP(FOREIGNERのVo.がいたバンド)
BILL WRAY
TYCOON
HEART
KANSAS
707
BON JOVI
など色々聞いた。

STYX/THE SERPENT IS RISING

遡って、3rdアルバムまで来た。
このアルバムが特異なのか、ハードな印象。良かった。
って、昔聞いてるはずなんだがおそらくSTYXの中では
再生頻度がブービーだったと思う。
調べると現在CDが入手できない。誰も望まないんだろうなあ。

TOTO/ISOLATION

お店で初めてターンテーブルに乗った。
なぜなら、ファクトリーシールに人に見せられない落書きがあったから。
昨日シールを剥がし、日の目を見る。
「Stranger in Town」いいな。
1984年のアルバムだ!

SURVIVOR/PREMONITION

EYE OF THE TIGERの前の2nd。
まさに大ヒットの予感、兆候。
このアルバムは些細なことだが想い出がある。
大阪の輸入レコ屋時代、生まれて初めて書いたキャプションが
このアルバムだった。
日本ではほとんど知られていなかったので、推薦したのだが、
その後ロッキーの映画のおかげで大ブレイク。
どこか恥ずかしい思いのする「Eye Of The Tiger(曲)」だが、
アルバム全体は素晴らしい。評価もそれなりに高いのだ。

先日、「リクエストいいですか」と言われ、どうぞと言うと、
「歌謡曲ナイトを一足早くお願いします」
レコを持ち込んでいないのでお答えできず。
そろそろ搬入の準備にかからねば。
あ〜遅くなった。
今日はお店でHPの打合せ。
posted by ロックキッチン1984 at 00:00 | Comment(0) | 水曜・・・産業ロック

2010年10月14日

10/13(水) 産業ロックの日。

frampton.jpgstyx.jpgkansas.jpg

BOSTON関連の登場人物、FRAN COSMOのプロジェクト、「COSMO」のCDでスタート。
その後、
ELO/OUT OF BLUE
SHOOTING STAR/1st
ASIA/ASTRA
JEFFERSON STARSHIP/RED OCTPUS
REO SPEEDWAGON/LIFE AS WE KNOW IT
GTR/GTR
PETER FRAMPTON/WIND OF CHANGE
STYX/MAN OF MIRACLES
STRAIGHT LINES/STRAIGHT LINES
SAGA/WORLDS APART
PRISM/PRISM
LeROUX/LOUISIANA'S LeROUX
KANSAS/SONG FOR AMERICA
JOURNEY/INFINITY
RAINBOW/DEFFICULT TO CURE(このあたりの音は水曜OK)
HEART/DOG & BUTTERFLY
BOSTON/BOSTON

最後はハムさんが来店し、しばしBLUES ROCKを4〜5枚聞いて終了。
今回も楽しい話が次々飛び出して、面白かったです!

PETER FRAMPTON/WIND OF CHANGE

大昔のソロ1枚目をホント久しぶりに聞く。
「COMES ALIVE」あたりの超大ヒット商業ロックのイメージで
水曜日に良くかける人だが、1stのレコードがジャケットから出るのは
おそらく20年以上ぶり。
「Jumpin' Jack Flash」のスタジオテイクはここにある。
「COMES ALIVE」のハイライト曲のひとつ、
「It's a Plain Shame」もほんとカッコいい。思わず歌ってしまった。

STYX/MAN OF MIRACLES

多作な人々のアルバムをできるだけ満遍なく聞き返すようにしている。
(お客様、かかるのがメジャーなアルバムばかりじゃなくてごめんなさい)
STYXは水曜ごとにさかのぼっているが、昨日は4枚目。
TOMMYが加入する前のアルバムもそれなりにいい。
曲がコンパクトなところは時期的なものか。
しかしこの頃マイナーレーベル時代とは言え、
ジャケットのセンスが全然だな。

KANSAS/SONG FOR AMERICA

KANSASは先週1stをかけたので、2ndに進む。
「LEFT OVERTURE」でブレイクするもっと前だが、
この頃の音もなかなかのものだ。
全6曲で長尺曲が多い。
A面をかけたが「Lamplight Symphony」が良い。
かなり聞き覚えもあり、当時それなりに聞き込んだようだ。

HPの下準備開始。
(人頼みですが)
作り込んでいくのが楽しみだ。
posted by ロックキッチン1984 at 00:00 | Comment(0) | 水曜・・・産業ロック
<