<

2012年03月08日

BAD COMPANY/RUN WITH THE PACK

真相は全くわからないのだが、
お店をオープンしてから行方不明になったレコードが最低2枚ある。
その内の1枚がBAD COMPANYの

【RUN WITH THE PACK】だった。

Bad Company-RunWithThePack.jpg

このLPは絶対持っていたし、
けっこう早い時期に店でかけた記憶もあったんだけど、
ある時かけようと思ったら所定の位置になくて、
店中かなり探索したけど発見できず、今に至っていた。

ないない、という話をお店でもけっこうしていたので、
一度お客様がアナログを持って来てくれたり...
しかたないので安く買える機会をずっと網張ってたんだけど、
このたび購入。
先ほど届いた。
盤質は最高の国内盤。

かつて読んだかも知れないが、どうせ記憶に残っていないので
ライナーノーツを読んでみる。

この時期、ハード・ロックの世界は、
アメリカ勢の勢いが増していた頃で、
本家のブリティッシュ勢はやや押され気味?という状況、
という前提の大貫憲章の文章だ。
そうだったのかな?
自分としてはUKもUSAもあまり意識せずに雑食的に聴いていたので、
あまり記憶がない。

で、そんな状況の中...という一節。

「イギリスのロック・グループにとって、現在という時代は
ずいぶんとやりにくい、何かと障害の多い時代のようである。
イギリスのロック・シーンが60年代中期から70年代初頭にかけてのような
活況を示していないという事実は、明らかなことであり、
ぼくのようなブリティッシュ・ロック・ファンにとっては、
まことに悲しむべきことなのだが、しかし、それは必ずしも、
ブリティッシュ・ロックそのものの質的な低下を示すものではないし、
また、ブリティッシュ・ロックがこの先まるで希望が持てないということを
示すものでもないということを知らねばならない。」

何だか悲観的、弁護的な文章だが、

「この2〜3年の間で、アメリカで成功した新しいブリティッシュ・ロック・アーチストは
バッド・カンパニーだけなのである。」と断言。

実は、BAD COMPANY、そしてPAUL RODGERSのソロキャリアあたりは、
アメリカの南部音楽への接近を感じさせる要素をひしひしと感じていたので、
キャッチーなハード・ロックでのアメリカ市場へのアプローチとは
少し違った「アメリカへの接近」が確かにあったのではないかと思うのです。
その気配は、このアルバムあたりからではないかと。

ハード・ロック・ナンバーとしての秀曲、

1曲目の「Live For The Music」



アルバム・タイトル曲の「Run With The Pack」



あたりはおなじみだと思いますが、

「Simple Man」



「Love Me Somebody」



なんかはアメリカ南部臭い音楽を志向する気配を感じるんですな。

一般的には1stアルバムが何かと評価の高いBAD COMPANYですが、
2nd以降もなかなか奥が深いものです。
最後の方は、面倒見切れないこともありましたが・・・
posted by ロックキッチン1984 at 23:05 | Comment(0) | 金曜・・・ハードロック/メタル

2012年03月06日

Ronnie Montroseが死んだ!?

Ronnie Montroseが亡くなった!? らしい...

Ronnie Montrose.jpg

死亡してもおかしくない年齢のロック・ミュージシャンは
もちろん大勢いるんだけど...

今回のはけっこうショック。
前立腺癌だとか...

73年の1stアルバムから、かなり聴き込んだ好きなバンドだった。

昨年、一度MONTROSEのことをブログに書いている。
↓↓↓

http://rockkitchen1984.sblo.jp/article/42452861.html

好きな曲などの事はそこに書いてあるけど...
一般的には目立たない3枚目、4枚目も
個人的には好きだなあ。
特に「Jump On It」はよく聴いた。

2枚目までいたSammy HagerつながりのVan Halenは
元気なニュー・アルバムでかなりの盛り上がりを見せているが...
(Sammyは関係ないけどね)
Ronnieは1996年以降作品の情報がないけど、
それからどうしてたんだろう...
なんか寂しいね。

後期のソロ時代は全然聴いてないんだけど、
見てみるとけっこうアルバムが出ている。
いつか聴いてみよう。

【Jump On It】から、
好きな曲の繋がり、
「Let's Go」
「What Are You Waitin' For?」←実はこれがfavorite。
を聴いて下さい。



追悼・・・
posted by ロックキッチン1984 at 21:08 | Comment(0) | 金曜・・・ハードロック/メタル

2012年02月24日

久しぶりにLP購入〜WISHBONE ASH

やっと確定申告も終わったことだし!

これからはまたちょこちょこブログも書こうと決意。
「時間がない」と自分に言い訳していたら全く何もできなくなってしまう。

しかし、今回の確定申告では心から反省。
なにしろ1年分何もしないで溜めていた。
前年はそれほど大変じゃなく、集中して片づけたけど、
よく考えると5カ月分くらいしかなかったんだ〜!
今回は丸1年分だったので大変でした。

この、「確定申告準備が最優先」という状況で、
生産的活動が「完全凍結」という事態はダメですね。

今年はこまめに作業していくつもりです。

それでと。

【歌謡曲ナイト】

きちんと告知できてなかったけど、今月の「歌謡曲ナイト」が明日に迫っていた!
フライヤー作れてなかったやんか!
明日何とかしようかな。って当日告知かよ〜 (ーー;)
え〜と、歌謡曲ナイトは毎月最終土曜日にやります。
よろしくお願いいたします!

【日曜日の営業】

2月はオレがお店を開けたりで、変則的でしたが、
「ソフィーとキャサリンのバタバタしないBAR」は、予定通り営業中。
2/12の初日はいろんな方に祝っていただいて、ありがとうございました!
隔週ということで、次は2/26(日)です。
手作りの「おばんざい」(筑前煮とかね)
をオレも食べましたが、
1984のお店をやり始めてから、
家でご飯を作って家族で食べるという場面が激減していましたので、
手作りのおかず料理、美味しかったです。白ご飯食べてしまいました。
(オレはこの日は休み。念のため。)

それで、「ソフィーとキャサリンのバタバタしないBAR」じゃない日曜日ですが、
3月からノブ君という男の子が営業予定です。
(3/4からスタートということですね)
彼は飲食店で料理も作っている人です。
よろしくお願いいたします。
詳細はまた案内しますが、
音楽は静かに流す感じになるかと。

【本日の音楽的本題】

久しぶりにLPを買いました。

【WISHBONE ASH/PILGRIMAGE】

WISHBONE ASH-PILGRIMAGE.jpg

CD音源はあったのですが、
70年代人間としては1stと2ndの初期LPはやっぱり持っておきたくて。
WISHBONEは「ARGUS」が飛び抜けて有名ですが、
この2ndアルバムもちょっとした名盤(ですよね?)。

いきなりジャズっぽい1曲目、
変拍子の2曲目あたりは初期の色々やってた頃の断片ととらえるとして、
3曲目、初期代表曲のひとつ、「Jail Bait」は外せないでしょう。
ライヴでも長く演り続けている曲ですね。



「ARGUS」から抒情性のあるいい曲が目立ち始めるWISHBONEですが、
このアルバムにもそんないい曲が。

「Valediction」です。

 

あああ!もう開店です。
また書きます〜
posted by ロックキッチン1984 at 20:08 | Comment(0) | 金曜・・・ハードロック/メタル

2012年01月15日

Van Halen/Different Kind Of Truth

先週以来すでにあちこちのブログやコミュでも紹介されていて、
周知の事実となってしまっているが、
2012年、ROCK KITCHEN 1984のブログの書き初めはこれでいこう。

いきなりの来月に発売が決定したVAN HALENのニューアルバム!

【VAN HELEN / DIFFERENT KIND OF TRUTH】

Different Kind Of Truth.jpg

David Lee Rothがヴォーカルのフルアルバムは、
それこそ「1984」以来!実に28年ぶりなんだなあ〜
Michael Anthonyがいないのが残念...という声も多いが、
そこはまあ我慢です。
ちなみにB.はEddieの息子。

先行シングル曲「Tattoo」は先週発売済み。
フルコーラスでYou-Tubeにいくつか見えていたが、
先週は聴けたファイルがすでに消されていたりする。
これはまだ大丈夫みたい。
↓↓↓


ビート、曲のノリから
2ndアルバムの「You're No Good」を思い出した。
↓↓↓


アルバムにはきっとアップテンポのスピード・チューンもあるんだろうな。
かなり楽しみではあります。
1984としてはできればアナログLPで入手したいので、
発売予定があるかどうか問い合わせ中。

ふと気付くと今までブログでVAN HALEN関連のことをちゃんと書いたことがなかった。
好きな曲は色々あるが、
今だに一番好きな曲はコレ。リフが自分にハマッてるんだろうな!

「VAN HALEN / Unchained」

posted by ロックキッチン1984 at 16:07 | Comment(0) | 金曜・・・ハードロック/メタル

2011年06月04日

6/3(金)「Wishing Well」な日でした。

明日、6/5(日)はお店がお休みです。

よろしくお願いいたします。



昨日は料理もそこそこ、ちょいとバタバタしながら、
色々聴きました。
ハード・ロックの日。
グループでご来店の新規お客様からも
たくさんリクエストをいただきました。

なぜか昨日は、「Wishing Well」付いてましたね。

カヴァー版が鳴っている時、
「これのオリジナルも今日はOKなの?」と聞かれましたが、
もちろんOKなので、最後の方で聴きました。

【FREE / HEARTBREAKER】

FREE HEARTBREAKER.jpg



最初は、新しいお客様から色々ご希望があった中に
「GARY MOOREをお願いします」というのがあり、
コレをかけました。

【GARY MOORE / CORRIDORS OF POWER】

GARY MOORE CORRIDORS OF POWER.jpg

「Don't Take Me for a Loser」で始まる好きなアルバムですが、
3曲目に「Wishing Well」が入っています。



あとは、別のお客様にたまたま持って来ていただいたCDが、
BLACKFOOTでした。
聴いた事がなかったLIVE!

【BLACKFOOT / KING BISCUIT FLOWER HOUR】

BLACKFOOT King Biscuit Flower Hour.jpg

BLACKFOOTはサザン・ロック系のバンドですが、
1983年にメタル・マーケットへの接近を見せた
このアルバムが出ています。

【BLACKFOOT / SIOGO】

BLACKFOOT SIOGO.jpg

まったくもって意外な事に、このアルバムから
URIAH HEEPのKEN HENSLEYが加入しました。
上記のライヴ音源もKEN HENSLEYがいた頃のもので、
「Wishing Well」の他にも、
URIAH HEEP時代のヒット、「Easy Livin'」なんかも演っています。

「Wishing Well」はもともとこのスタジオ・アルバムで
カヴァーしていたんですが、

【BLACKFOOT / STRIKES】

BLACKFOOT STRIKES.jpg

せっかくなので、今日はライヴ・ヴァージョンで。



「Wishing Well」のカヴァーといえば、
それはもう、一杯ありそうです。
松本 孝弘の
ROCK'N ROLL STANDARD CLUB BANDなんかも演ってましたな。
あっ、同名異曲もけっこうあるけどね。
BLACK SABBATHとか。

聴いたことがないようなバンドもけっこうカヴァーしてるんだけど、
知ってる中からいくつか紹介しておきましょう。

これは持っていないけど欲しいアルバムのひとつ。
JIMMY PAGEが参加ということで、有名です。

【MAGGIE BELL / SUICIDE SAL】

MAGGIE BELL SUICIDE SAL.jpg

このカヴァーは渋い!



多分、きりがないので、
これまでにしておきましょう。
以前にも登場はしているアルバムですが、

【CHERIE & MARIE CURRIE / MESSIN' WITH THE BOYS】

CHERIE & MARIE CURRIE MESSIN' WITH THE BOYS.jpg

それではまた!






posted by ロックキッチン1984 at 15:14 | Comment(0) | 金曜・・・ハードロック/メタル
<