<

2010年11月07日

11/7(日) 大人の縁日です。

jacksonnew.jpgdejavu.jpgletitflow.jpg

昨日もまずまずの賑わいで、初来店の方が半分強。
ありがとうございました。

タイミング良く土曜日にEAGLESとJACKSON BROWNEがカップリングになった
LIVE CDを持って来てくれた知り合いが。
JBは1978年のLIVEでLINDLEYの他、メンバーも良い。
しかも音が良くて、店内演奏にも問題なしレベル。
しばし、聴いてしまいました。
実はその前に、現時点での最新スタジオアルバム、
TIME THE CONQUERORを聴いていました。
昨日は、その他にはリクエストいただいたCSN&Y、
LET IT FLOWが聴きたかった、DAVE MASON、
その他色々という感じで、和みました。

今日は、簡単なレポでご勘弁で、
さて、本日は阿佐ヶ谷一番街「大人の縁日」です。
ぐずぐずしていて、参加を申し込んだのが前日の昨日。
雨じゃないので良かったな。
店でも出している、「おでんのタコ焼き」と、
寒かろうと思い、「ワンカップ大関」を温めて売ります。
200円と300円です。
初参加なので、あまり期待もしていないですが、
賑やかしということで、頑張ってみます。
階段下にテーブルと椅子もちょいと出しますね。

おヒマな方はどうぞよろしく。

2010年10月24日

10/23(土) WEST COASTです。

_7271483.JPGlfとまと.jpgキラートマト.jpg

「JAZZ STREET」の人出が入店してくれたのか、
やたら忙しかった。新規客比率、とても高い。
8時頃から11時頃までずっと料理作りっぱなし。
レコードチェンジもままならないくらいだった。
ありがたや。
しかし、寒くなってきたのに「冷やしトマト」がやたら出た。
何かサブリミナルなことがあったのか?
「トマトの丸焼き」の方があったかいのだが。

先日、リクエストがあって初めて気付いたのだが、
BAD COMPANYのRUN WITH THE PACKが行方不明中。
絶対にあるはずなんだが、あるべき場所にない。
近辺を500枚スペースくらい探したが、
今だ消息不明。気持ち悪い。来日なのに。

「歌謡曲ナイト」・・・
シングル盤プレイなのでシンプル&タフなプレーヤーと
ミキサーのシステムがベター。
いつもの癖のあるシステムでは、ゲストDJも困るだろうし。
当日までに臨時でシステムを入れ替える。

困ったことに、二日ほど前からオートチェンジャーの機嫌が悪い。
6枚連続のはずが、すっとばして5枚だったり4枚だったり。
いよいよ寿命か!!!
予備機がいちおうあるにはあるんだが、アームの下降が少し早いんだなあ〜

昨日はそんな多忙な中、一般的な方々に思えるお客様も多かったので
結構王道を固めた。
RY COODER
JACKSON BROWNE
JAMES TAYLOR
LINDA、BONNIE、JOAN、RITA、DAVID
ORLEANS
LITTLE FEAT
AMERICA
ほか色々。そういえばEAGLESとDOOBIEはかけなかったな。

最後、ぽろっとハムさんが来たので、
STATUS QUOとHUMBLE PIEのLIVEをかける。
(日付も変わってたしね)

2010年10月17日

10/16(土) WEST COASTなど

にーる2.jpgばんど.jpgmason.jpg

まず、本日17日はお休みです。
よろしくお願いいたします。

昨日、大学のクラブのOB集まりがあり、初めて会う後輩も含め賑わった。
出身は東京ではないので、たまたま関東在住の皆さんの集まり。
賑わったはいいが、
ドアの外まで来て帰ってしまった何だかきらびやかな女性グループがあり、
(引き止めようとしたが失敗)大いに惜しい気がした。
やはりオッサンがテーブルを占拠して騒いでいるので躊躇したのか。

その他のお客様もそこそこ見えられたが、
驚いたのは、知り合いが大阪でやっているロックバー「音音(ネオンと読む)」で聞いてきました、というカップル。
お住まいはこちらなんだが、大阪へ行った際に覗いたお店で、
自分の地元のお店を教えられたという図。
友達とは仲良くしておくもんですな。
「音音」はLITTLE FEAT好きな女性がやっているお店で、
当然「ネオンパーク」から取った店名。
大阪へお越しの際はよろしくお願いいたします。
「BAR 音音」で検索できます。

何とかWEST COASTから大きく脱線しないように、
OBのみんなのゆかりの曲などをかけた。
NEIL YOUNG/EVERYBODY KNOWS...
THE BAND/MUSIC FROM...
DAVE MASON/DAVE MASON
ABB/BROTHERS & SISTERS
などなど
厳密には全然WEST COASTではないのばかり。
やはりやや脱線気味...

でも、みんなが帰ってからは様相が急変。
「イベントでちょっと回してきた」という常連のお客様が
7インチをドサッと出す。
内容を見る。「ちょっとかけてもいいですか...?」
洋邦まぜこぜで楽しい内容。
お店開始以来、初めて7インチを回す。
しばし、歌謡曲大会となった。
この方から、31日の「歌謡曲ナイト」で少し時間をくれという申し出。
楽しくなってきた。

2010年10月10日

10/9(土) WEST COAST+SSW

rogerm.jpgBR.jpgTERRY.jpg

雨で寂しい土曜日。

1枚目はふと聞きたくなったNEIL YOUNGの2ndから。
「Down By The River」で心地良くなる。
ちなみに「Cinnamon Girl」はPHILIP SAYCEのカッコいいカヴァーがある。
あ、これ前にも書いたかも。

その後、新し目入荷で聞き込みたいものを多めに、粛々とプレイ。

ROGER McGUINN/ROGER McGUINN

BYRDSを熱心に聴いていた方ではないが、
ROGER McGUINNの1stは昔から持っていた。
しかし聞くのは久しぶり。
McGUINN-HILLMANも最近買ったので、聞き込んでみよう。
カントリーロック系は嫌いじゃない。
(そもそもカントリーに抵抗が無い。結構好きです。)

BONNIE RAITT/SWEETFORGIVENESS

迷ったが77年のこれにする。
時間差で両面聴いてしまった。
「Runaway」のウネリのある好カヴァーが耳なじみが濃いが、
B面の「My Opening Farewell」も聞きたくなったのだ。
この人や、JACKSON BROWNE、JOHN HALL(確か)らは、大好きだが、
「鯨を捕るな」運動だけは勘弁して欲しかった。
昔は鯨が安く肉の代わりで、貧乏人の味方だった。
学校の給食でも登場する頻度高く、その下世話な味が好きだったのだが、
今や貧乏人の口には入らないほどの高級食材になってしまった。

TERRY MELCHER/TERRY MELCHER

SSWファンの間では昔から人気があったアルバム。
中古相場が高かった。
声質が少し垢抜けないが、ムードは良い。
有名なJAZZ歌手の息子。
ここにもJACKSON BROWNE作品あり。
「These Days」だ。

個人アーチストでは世界一好きなJACKSON BROWNEだが、
「当たり前すぎて」の気分で、お店ではあまりかからない。
いろんな人のアルバムでカバー曲が出てきたら、
「いいな・・・」と思って聴いている。
今度いつか堂々と1stから順にかけようか...

2010年10月03日

10/2(土) WEST COAST+SSW

LLB.jpgRYCOODR.jpgRITA.jpg

大学の後輩4人が集まって楽しく飲んでいた。
その他にも新規のお客様が多く賑わった。

遠方だけど時々阿佐ヶ谷に飲みに来るというカップル、
賑やかで楽しかった。
アーチスト名を次々挙げて、
「○○は○曜日!」と仕分け、ほとんど当っていて感心。
「産業ロック」がやはりあやふやなようだ。

「そして、RED HOT CHILI PEPPERSはこの店にはない!」
と言い当て、意気投合。
置いてないことを、自慢することではないが・・・

一人で来られたお客様同士が知り合いだったという場面が2回。
飲み歩いている方々は顔が広いですな。

WEST COAST+SSWの日。
何がWEST COASTで、どこまでがWEST COASTなのか?
話に花が咲く。

リクエストもあり。
JANIS・・・シスコなので問題なし
B.S./BORN TO RUN・・・通常月曜日にかけるが、SSW拡大解釈でOK
DOOBIE・・・Long Train Runningが人気。別の方から2回言われた。
NICOLETTE LARSON・・・Lotta Loveご希望、イイネ!

その他、新着ディスク方面を厚めにかける。
West Coast地区のアーチストじゃなくてもWest Coast風サウンドと
認識されているアーチストがいる、という話が昨日も出たが、
オーストラリアのLITTLE RIVER BAND。
1stをかける。
聞いたアルバムは多くないが、
おそらくこれが一番なんじゃないかという感触。良かった。
とある記載ではもろにEagles、Doobie風と紹介されている。

なぜか今まであまり持ってなかったRY COODER。
TEX MEXやJAZZへの接近、やたら多いサントラ盤などが敬遠要素だったが、
初期のスタジオ作はやはりマストだろうな。
BOOMER'S STORYなんて「The Dark End of the Street」だけで持ってる価値あり。
昨日は基本の1stを。
ちなみに、1973年にワーナーから発売された「HOT MENU '73」という寄せ集めサンプラーLPがある。
当時中学生だったオレはその格安価格(2枚組で¥980)にも釣られて、予約して買った。
ワーナーブラザーズ、アトランティック、リプリーズ各レーベルの
アーチストを紹介するオムニバスで、
当時これで知ったアーチストも多く、とても勉強になりました。
(VAN MORRISON/Wild Nightなど今も大好きな曲が多い)
で、これに「The Dark End of the Street」が入っていたわけだ。
脱線ついでだが、オレは「Wild Night」という曲のマニアで、
(学生時代バンドで演奏したことあり)
本物VAN MORRISON(ちなみにG.はRONNIE MONTROSE)の他に、カヴァー版を集めていた。
覚えているだけで店に5種類のカヴァーがあるが、まだ持っていない物も多い。

RITA COOLIDGE。
作品数が多いので全部は面倒みきれないが、
「EARLY BEST YEARS」と言われる初期3作は持っておきたい。
(後々のアルバムはおしゃれなジャケットが多いが、その頃はインディアンルックス)
昨日は3枚目を聞いた。
シティサウンド寄りのウエストコーストとは違い、土臭さもありGOOD。
もともとナッシュヴィルあたりの出身なんだと。
先の話と関連するが、VAN MORRISONの「Crazy Love」をやっている
1stをぜひゲットしたい。CLAPTONとSTILLSも参加!

トピ書きましたが、本日10/3お休み頂きます。
よろしくお願いいたします。
<